あえて説明をするならば国産のメーカーの自動車のみが対象で

自動車を持つあなたでしたら承知していると思いますが、自動車税という税金の納税義務があります。リンクス 上野

そしてこれは、手放す車売却の際に一般に還ってくるのです。こたつ セール

これってちょっと実行すると頭に入ってきますが、では最初から流れを出来るだけわかりやすく説明しましょう。抜け毛 女性

あえて説明をするならば国産のメーカーの自動車のみが対象ではなく外国の車等も税が返還される範囲になっています。クリアネオ 顔

車もそうです。スリムフォー 口コミ

クルマの所有者が支払わなければならないお金で、この金額は自動車の排気量の大きさ毎に定められています。

1リッター以下のであれば29500円で1リッターから1.5リッターまでなら34500円になります。

これ以降は500cc毎に5000円増加していきます。

またこの金額は4月1日現在のの保有者が年度内の金額を支払う事になっています。

事前納付になるということですから、勿論ですがクルマを売却して、所有者でなくなったケースでは先払いした分の税額は戻ってくるということです。

この自動車税は前払いで来年3月までの自動車税を支払いますからその年度内にクルマを引き取ってもらった場合は、新たなオーナーがお金の納付義務を負うということです。

買い取った相手が中古車買い取り専門店でしたら、買い取り時に支払いすぎた税額を返還してくれます。

要は、所有権を手放した際より後の税金は新たな所有権を持った人が納税義務を負います。

もしもあなたが10月のうちにクルマを手放したなら、11月以降翌年3月までの税金は返還されます。

それは、前も述べた通り自動車税というのは先払いであるという決まりからもわかります。

要は前所有者は売却先に払いすぎた税金を返金してもらうということになります。

個人的に車を引き取ってもらうときに、意外にこのことを忘れている人が多くいるため、きっちり忘れないようにしなければなりません。

自動車税という税金は車を売却すると返金されるという知識をあまり知らない人が多い事を利用して、それを悪用する業者もいます。

こちら側から自動車税についての話題を出さなければ、全然自動車税のことには触れないというケースも結構聞きます。

ですから愛車の売却をするさいには、払いすぎたお金が返還されるか否かを聞くことをおろそかにしないようにする必要があります。

Link

Copyright © 1996 www.harasvanguarda.com All Rights Reserved.